fc2ブログ

Entries

夏空に釣り糸

ヒラメ7

平日の朝っぱらからビーチ際の桟橋へ。薄らと夜が明ける頃を見計らって
それっ!と竿を振った。連れて行ってくれた先輩の竿には早々に当りが、
お目当ては5月頃からシーズンが始まるヒラメ。夏真っ盛りの今は丁度
頃合いも良い頃だ。仕事が休みなので来てみた訳だが、月曜日の朝っぱら
から釣り糸を垂れる事への罪悪感も最初の一匹が釣れると微塵も無くなった。

ヒラメ10

ヒラメ13

朝の間の2時間ぐらいはゆっくりと潮目が変わるタイミング。その時間に
行う釣りはまさに入れ食いだ。大小様々のヒラメが釣れるが、家庭に持って
帰れるサイズはレギュレーションで厳しく決まっており厳格だ。なので小物は
直ぐにリリースしてさらに竿を振る。これが日本なら全て持ち帰るところだが
まぁ仕方が無い。午前中いっぱいでそこそこの釣り果、ホクホク顔で桟橋を
後にした。

ヒラメ15

本日の獲物はそこそこのサイズのヒラメが一匹。それに名前は解らないのだが
白身の小魚が三匹。ヒラメは釣れてから直ぐに血抜きをしてあるのでガチガチに
締まっていて美味そうだ。

ヒラメ16

ヒラメ14

白身の小魚はわたと鱗をしっかり取り除き、塩を振って軽く水分を抜く。
後で焼き魚に変身してもらおう。

ヒラメ17

ヒラメ18

ヒラメ19

ヒラメは鱗を取って五枚におろす。鱗は包丁で削ぐやり方もあるが素人は
金束子で擦って落とす方が簡単で良い。その後、表裏の鰭から包丁を入れ
頭を外しわたを取り除く。血合いも綺麗に洗い流すといよいよ五枚に切り
分ける作業に入る。

ヒラメ22

ヒラメ23

ヒラメ24

背骨に沿って尾まで真っすぐに包丁を入れ、中骨に沿って身を剥がして行く
反対側も同じく剥いだら裏返して同じ作業を繰り返す。あっという間に骨と
鰭だけになってしまった。

ヒラメ21

ヒラメ25

ヒラメ26

もの珍しそうに見守る息子を横目に、皮を剥いだら身とエンガワ部分を分けて
五枚おろしも完了。生のままと昆布〆とに下ごしらえすれば全て終了。

ヒラメ2

ヒラメ3

ヒラメ4

夕食時に合わせて切り分けると三品完成。
お刺身に昆布〆、それにエンガワの盛り合わせ。さらにヒラメのカルパッチョと
白身魚の焼き魚が完成。ヒラメも結構身が取れて食卓が豊になりました。
お味はもちろん最高。ヒラメなんかは数日寝かせてから食べる事もありますが
そんなに待ちきれる訳も無く、即日食べちゃいました。

ヒラメ5

ヒラメ6

ヒラメ好きの娘も大満足。たらふく食ってました。
夏は釣りにキャンプと遊びがいっぱい、NYに来たついでに自由の女神を
眺めながらヒラメ釣りっていうのもなかなか良いんじゃないでしょうか?



スポンサーサイト



この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://camnyryo.blog.fc2.com/tb.php/40-a1c6cc75

トラックバック

コメント

[C20] 美しいねぇ

リオさん、綺麗に魚おろすねぇ!
素晴らしい!!
おいしそーぅ!
娘ちゃん髪の毛切ったんだね!
かわいいっ!
  • 2012-07-26 20:57
  • タマ(*'ー'*)
  • URL
  • 編集

[C21] 薄作り

新鮮な魚は良いねぇ!うまうまでした。
  • 2012-07-30 23:01
  • リオ
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

リオ

Author:リオ
NYC在住サブ3.5ランナー♪
ボストンマラソンの出場権03:15:00を目指して疾走中。
旅ランで世界を周る♬

ブログランキング参加中

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR